伊太地山伝兵衛
denbe大分県別府市出身。大学卒業後銀行員という異色の経歴を持ち、鹿児島でも勤務経験がある。

彼の音楽はジャンルに囚われない幅広いバックグラウンドが基になっている。最大の特徴は非常に歌詞を大切にする耳に残るメロディ、そしてその歌を最大限に活かす計算されつくした緻密なコード展開とリズムにある。
複雑なコードを多用しながらも、決してテクニックに走らず歌を邪魔しないそのスタイルは定評がある。
乱暴に表現するとJAZZトリオの演奏で唱歌を歌うような不可思議なバランスが見事に成り立っている。

しかしそれは偶然の産物ではないだろう。今のLIVEスタイルからは想像もつかないだろうが実に意外なことに、アマチュア時代の25年以上前から多重録音で様々な楽器やエフェクト機器を独自の工夫を重ねて非常に高度に駆使しながらソロで活動していた。
当時としては最先端の非常に珍しいスタイルであったが、それすらも奇をてらったものではなく、今のスタイルにたどり着くまでの一つの実験的手段であった事は驚愕に値する。

その後、伝兵衛ファンならご存知の「伊太地山伝兵衛商会」等の活動も行われてゆく中、銀行員の職を捨て音楽に専念。'94年に東芝EMIから遅咲きのメジャーデビューを果たす事となる。
それゆえ、その音楽の多様性とユーモアあふれる人柄にプロアマ問わずに多くのミュージシャンとの交流が生まれた。

今年の1月には自身の50歳誕生記念にNHKホールでの公演を成功させ、参加
ミュージシャンも近藤房之助・佐山雅弘・村上"Ponta"秀一などをはじめとして10数名に及ぶ実力派の多彩な顔ぶれが参加した。この公演に至るまでの過程を密着取材していたNHKでも近々特集を放映予定だ。

今も愛車にギターを積み込んで週3日の人工透析を続けながら年間200本以上のライブをこなす。今日もどこかの高速道路を走り続けながら呟いているだろう「またしてもハイウェイ!」

木偶の坊
ジプシー@太田惠資
ohtal
高校時代はクラッシックヴァイオリンを弾きながら、ロックバンドでベースを弾いていたケイスケ。クラシック畑ではいつも「お前は間違いだ」と言われ続けた。そんな彼が自分を見つけたのがヨーロッパだった。

「やっぱりルーマニアとかハンガリーのほんとのジプシーの人達がやってる音楽が、印象に残った、というより『これでいいんだ!』って思ったんです。なんだ、こういうのがあるじゃないかって。僕はクラシックでは、間違いだ間違いだって、言われ続けてきたんですね。でも、どうしても僕は崩したい、どうしてこれが間違いなんだって思っていた時に、そういう音楽に出会った。音色もそうですが、クラシックだと弓の持ち方が違う!って言われる。だけど、現地の人達はみんな違う持ち方してる(笑)。自分の腕や指の長さによって違ってていいはずだし、それが現にここに存在してて、しかも心打つことをやってる。それが印象的だった」

「ジャズだってフラメンコだって本来、変わっていく、現在進行形のものでしょう。それなのに日本で教える人ってこうだよって教えるから、こうじゃなくちゃいけないっていうのができてしまう。そうするとそこで止まるし、越えられない。本物の人と対等になれない。ずっとそれがおかしいと思ってたんです。だから、僕は師匠と弟子の関係になるのが好きじゃない。そうなるとずーっと対等になれないですから」

彼の演奏を5回聞いたが、一番印象に残っているのは板橋文夫さんとのセッション。前回のカルメンマキ、都城Mu-Zaでの演奏も素晴らしかった。

情熱と叙情が交差するステージ。ジプシーの匂いがプンプンする。顔は、、レーニンに似ているが。。。

オフでは物腰柔らかく、謙虚で気配りの人。こんな彼がミュージシャンに引っ張りだこなのも頷ける。年間300回近くライブをこなしている。

そんな彼が又やってくる。今回は「あの」伊太地山伝兵衛と。

6月12日 Mu-Za 都城 19時開場、20時開演

乞う、ご期待!!

Speakeasy
Speakeasy's Fine Tune
Speakeasyの選んだBGM、Fine Musicです。お楽しみ下さい。

今日の一喝!!
こらっ!!八!さぼってばかりで!全然更新してないじゃないか!

で、皆さんこれでもお読み下さい。

Speakeasy 今日の一枚

sinatra
カルメンマキです
makisolo無事九州ツアーを終えて戻って来ました。何処も中味の濃いライブで(あのメンバーですからね!)もうヘトヘト放心状態です。再会できライブが実現できて良かったです。昔のカルメン・マキをイメージして聞きに来たファンの人達にとっては今回のライブどうだったのでしょう?…と言ってもこれが今の私なのだから特に気にしているわけでもありませんが…私としてはおもいきり演れたし気持ちの良いライブでした。

又の機会を願っています。お疲れ様、ほんとにありがとうございました。社長はじめ皆様にもよろしくお伝え下さい。PS:餃子おいしかったです。板橋さんも太田さんもずっと丸岡餃子の話してましたよ!送って下さい、楽しみに待ってまーす!

隠れ酒場のDJ日記

フローズンダイキリとジム クロウチ。。
jim いまだ梅雨明けやらぬ宵のMU-ZA、、最初のお客様は盆地祭り実行委員会の皆さん。。打ち合わせなんだか、宴会なんだか、よくわかんないのがお祭り気分をもりあげますね。皆さん楽しそう、で、今年からスタッフとなったタカキヨ店長も一緒のテーブルにてうれしそう。。きっと今年もいいお祭りになりますよ。。ちょっと前だと、祭りのスタッフ連中はあたしの知り合い多かったのに、今年は誰も知ったお顔は見当たらず、、橋の下を河は流れてゆき、またあの頃が遠くなってく夏ってあるのよね。。

 雨に濡れての御来店は、わがグッドフェローズのベーシスト、 komちゃん。。あたしとは音楽、文学、映画、おんな出入り、etc,語れば窓辺に朝の光りが、、、同年生まれの話題はつきませぬな。。去年は夜明けのコーヒーならぬ、夜明けのラーメンよくやったもんね。。
 タカキヨ店長のフローズンダイキリ試飲(試食)会、、あたしの原田芳雄のモノマネなんぞお聞き頂き、イタミいります。。フローズンダイキリは逸品。。あたしのモノマネあんまりうけねえ。。

 そして入り口近くのテーブル席には、毎月恒例の歯科医軍団、生ビール攻撃。。リクエストは先月に同じく「Help」。。来月の定例会は、MU-ZAビアホールの御予約頂き、大感謝。。田代先生におかれましては、ボトルキープまで、、ああ、誠にもってありがたき幸せ。。先生、定例会、毎月と言わず、毎週やってもらえませんかねえ。。

 今宵の御紹介は、シンガーソングライターのJim Croce(ジム クロウチ)。。先週の坂元昭二氏のライブのブログ見たKomちゃんも言ってた、純粋で暖かく、なぜかセツなくなる忘れじのナイーブな唄声。。永い下積みを経て’73年、「ルロイブラウンは悪い奴(Bad, Bad Leroy Brown) 」や「Time In A Bottle」が超メガヒット、将来を期待されてたやさき、飛行機事故にて他界。。生きてたらきっと沢山の名曲が聴けたろうに。。神は時として、不公平にも思えますね。。

 ビアホールタイムはサーフミュージックだったり、ハワイアンだったり、音楽いっぱい、もちろんビールも沢山飲み放題、、あたしが客だったら、毎晩通っちゃうね。。皆様、夏の宵はMU-ZAへ。。。

Hachi







DIRECTION+たなかりか+布川俊樹
Mu-Za初ジャズライブは大盛況!満員札止め、ありがとうございました!

direrikanekkyou
隠れ酒場のDJ日記

Speakeasy
友あり遠方より来たる
上田正樹
なんと!上田正樹がMu-Zaにぶらりと遊びに来てくれた。

松、竹コンビもセッション参加!
web2

何が起こるか解らない音楽酒場!これからも乞うご期待!!

Speakeasy
ありましの in MU-ZA ! 
しの2

まずは昨夜おいでくださった皆さん、おかげさまにてMU-ZAらしい素敵な夜でございましたな。。御来店大感謝。。 
 ステージからは、しのちゃんのアコーステックな「愛」のメロデイ−、サポートは河野道夫、、渋くてにくいねパーカッション。。コーラスワーク息もぴったり。絶妙ですな。。 
 客席の皆さんリラックス、そしてしっかりと、しのちゃんと河野氏の紡ぎ出す「ほのかなグルーブ」をお受け取りの御様子。。いいねえ、うちの客筋は。。            

 昨今、大ホールでの派手なスタンデイングオベイション、若人達にやらせるのは、ある意味じゃあ簡単。。MU-ZAみたいなちいさな小屋で、昨夜みたいな「心に染み入る」ライブできてこそが本物だとおもうね。。
 ジャージーなのあり、ボサあり、フォークロック、そして知る人ぞしるジャングルビートの曲までやってくれたのにゃあ、あたしゃ驚いたね。。しのちゃん、シェリルクロウがお好きなようですが、音楽的バックボーンしっかりしてんだな。。
 
 リハ前に、4月からオンエアー予定のあたしのラジオ番組のインタビュー録りしたときも、一発でOK。カンのいい娘だあ。。

今夜が、鹿児島Speakeasy師匠のお店でライブ。。このBlog見てくれてるあなた、、そう、かごんまんおまんさあ、ぜひ今宵は御堪能あれ。。
 
 MU-ZAでは5月17日、、ありましのライブ決定。。皆々様、御近所さん、向こう三軒両どなり、お誘いあわせのうえ、ぜひ御来店を!
 素敵な夜になること、、このHachiが請合いますぜ。。

昨夜MU-ZAで「ほのかな愛」につつまれた皆さん。
 某社長とその仲間達の焼酎、カクテル軍団。。ラッキー七福社長とメガネや社長。。竹ぼんとその友人。。築豊の兄弟&フィアンセ。素敵な橋口様御夫妻。。Doc.田代。。Doc.またろう。。鹿銀コンビ。。キョウ&みっちい。。山下食堂。。トモりん。。0986テッちゃん。。霧島フォーラム美女コンビ。。
 大感謝です。。まことにありがとうございました。。

                     Hachi

ありましの/Diary
ありましの シークレットライブ
ありま

本日20時半より「ありましの」さんのシークレットライブを行います。

私Speakeasyが常連Sさんの紹介でお近づきになった「ありましの」さん。鹿児島出身、現在東京で活動中のシンガーソングライターです。

偶然にもプロデューサー、マネジャーでステージではパーカッション、コーラスも務める河野さんはかつて来生たかおのバッキングミュージシャン、どうやら昔お会いしたこともあるような、、、(何せ四半世紀前のことですから)。

お父さんとSpeakeasyに遊びに来たありまさん「いつかMu-Zaで歌いたい」と言ってくれました。それが今夜実現。

日時:3月8日 20:30〜
開場: Mu-Za

チャージ フリー、通常料金で営業致します。


本名 有馬 詩乃
出身地 鹿児島県
生年月日 1979年4月4日
血液型 O型

影響を受けたアーティスト 荒井由実/シェリルクロウ/リサローブ/高村光太郎/中原 中也/金子みすゞ


好きな事・物 テニス/散歩/妄想/イソジン(うがい薬)/手紙

大好きな物 焼酎
好きな言葉(詩) 人生楽ありゃ苦もあるさー。くじけりゃ誰かが先に行く。

☆7歳の時、叔母にピアノを教わったのをきっかけに、音楽に目覚める。
☆バンドをしていた父の影響で、音楽の中での生活をしていく事になる。

☆高校1年生、曲作りを再開。同時に同級生とともにバンドを結成し、ティーンズのコンテスト等に参加する。
☆高校2年生、1年間アメリカに留学。学内のオーケストラに参加しバイオリンを担当する。

☆1998年4月、京都外国語大学に入学。(住居を鹿児島より京都に移す)ギター部に所属、作曲も再び始める。
☆1999年春、2回生の同級生とアコースティックデュオ「Nobody Knows」を結成。
地元京都でストリートライブを行なうようになる。同時にライブハウスへの出演も始め、同年8月に大阪での野外イベント「大阪GIG」に参加。
以後、京都・大阪でのライブハウス出演とストリートライブを積極的に続ける。

☆2000年、前年の「大阪GIG」がきっかけでCD制作の話を頂き、秋よりレコーディングを開始する。
☆2001年1月、6曲入りのCD「Nobody Knows」をリリースするが、同年2月のライブを最後に活動を休止する。それを期にソロでの活動をはじめ京都・大阪中心にライブ活動を始める。

☆2003年春、本格的に音楽活動を行なうために、住居を東京に移す。 
☆2005/01/26 デビューアルバム“アイノウタ”をリリース

☆2006/04 セカンドCD発売予定
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.