流転石人生(Like A Rolling Stone)
dylan ごぶさたを致しました。。「ブログ、永い事かいてないでしょ、、再開はいつですか?」よく聞かれました。。MU-ZAにおいでのお客様、ブログを心待ちにされてた皆様、あいすみませぬ、お待たせ致しました。。この1ヶ月半、別にあたしはボーッとしてた訳じゃあないんですヨ。。木村充揮ライブの後は、たなかりか&小沼ようすけ、なんとその翌日はあたしらとキングタウンズとのジョイントライブ、その合間を縫っての貸しきりパーテイetc、いやあ皆さん誠に有難うございます。。あたしは紅くなったり、蒼くなったり、カゼをひいて寝こんじまったりとお陰さまにて充実してましたね。。
 もう明日から11月、、気分一新で来年に向かって突っ走りますんで、よろしくお願い申し上げます。。

 先週の28日(土)、上田正樹氏がお店に遊びにおいでになりましてね、前回のブログに師匠おやじ殿に写真のアップして頂いてます。。いやあ、楽しかったなあ。。都城のミュージシャンとのセッション大会となりまして、お客様も大喜び。。テキサス人の友人曰く、、『ココ、ゼイタクネ』。。いつも心良く、気さくにセッションやって頂く上田正樹氏に大感謝。。地元よりの参加は、ドラムスに酔いどれビンさん、カナダ代表マイケル、正ちゃん。ギターはリッキー。サックスはバンビ。そして、ピアノのトッシイ坂元でかしたぞ。さすがはグッドフエローズのメンバーだあね。。

 久々のブログ更新、、心機一転、、今日の1曲は、『Like A rolling Stone』ボブ デイラン’65年発表の名盤「追憶のハイウエイ61」に収録。。初めて聴いた15歳の日、それまでとは違う世界に連れていってくれた1曲。『どんな気分だい、転がる石みたいに生きるってのは、、、』この曲聴く時の気持ち次第で、哀しくも、楽しくも、ユーモラスにも聴こえてくる不思議さ。。28日のMU-ZAセッションで上田正樹氏も歌っておられましたな。。15歳の時、この曲が連れてイッテってくれた世界で、自分がいまだ生きてるんだと感じたのさ。。なぜか気合いが入り拳を握りしめ、カウンターよりお客様ながめると、師匠おやじ殿も拳を振り上げておられたのさ。。
という訳で、転がる石のごとく、11月から年末へといっちゃうのだ。。どうか、痛いあたしの胆石も早いとこ、転がってなくなっておくれ。。
 
 MU-ZA、まだまだすんゲえライブありますね。。こう御期待。。

  Hachi

Comment:
2006/10/31 4:30 PM, どんた wrote:
いや〜まってたよ〜!
いきていたんだね!
その調子でおなかの石もころがし出しちまえ!!
Like a Rolling Stone
Like A gallstone
Like A renal calculus
2006/10/31 8:06 PM, Hachi wrote:
若旦那、、いつもお心使いホントにありがとうございます。。見慣れぬ不可解で医学的な英単語、、わかんなくってあたしゃ辞書で調べたもんね。ギャハハ、、お腹の石も笑ってますよ。。
 薬飲んでますんで大丈夫です。。いつもすいませんね。。Love
Add a comment:









Trackback:
http://blog.mu-za.com/trackback/413362
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.